持ち上げる、運ぶ

重いものを持ち上げ移動させるコツは生活にも仕事にも重要


↓ ↓ ↓ ↓

重いものを持ち上げ移動させるコツ

重いものを持ち上げ運ぶコツは
介護にも仕事にも
必要な技術です。
↓ ↓ ↓ ↓

これだけで複数の器具分の体幹トレー二ング

↓ ↓ ↓ ↓

目標は「苦の場数」にしておく

↓ ↓ ↓ ↓

場数を踏むにはコツがある

↓ ↓ ↓ ↓

苦の場数記録帳

重いものを持ち上げ移動させるコツ

仕事や介護で
持ち上げたり、移動させたりするのが
きつくなった。

年齢のせいなのか?

そういうのに必要な筋肉を
鍛えればいいのか?

コツがあるのか?

コツと言えば
甲野さんの古武術では
どうやってるのか
調べてみました。

前提「膝の抜き」

①両足の裏が全面に、均等に、
そして真下(直角)に体重がかかるように「作る」
 ⇒両足を小さくジャンプさせたり、
低めの台から飛び降りたりすると分かりやすいです。

②「膝かっくん」の要領で、
一瞬両膝の力を抜き、重心を真下に落とす。

③膝が自然に戻る感じをなんとなく感じておく。
 ⇒ここで特に力を入れない事。

重い物を効率よく持ち上げる

例)ダンボール
①前屈してダンボール箱の下を両手でひっかける。
 ⇒指の力をいれないで差しこむ感じ

②これ以上ないくらい両肩を下げて手の力を抜く
 ⇒右手~体幹~左手でUの字を作る感じ

③両足を膝抜きして、
自然に元に戻る時を利用してダンボールをひっかけ上げる。
 ⇒真下に重心を落として戻るのが重要

④そのままの勢いで自分のへそにつけて、
へそに乗せる感じでキープする。
 ⇒肩は絶対に上げない。
腕はUFOキャッチャーのクレーンをイメージ

考察

・膝の抜きは、
身体で一番大きい筋肉の自然の反発力を使った技術です。

これにより、自分で意識しても出ない
大きい力を出す事ができます。

・肩を下げUの字を作る事で、
腕の力ではなく、
体幹を含めた身体全体で物の重さを支える
(というより「着る・つける」)事ができます。

・普通に物を持ちあげるとどうしても腕の筋肉に偏りがちです。
上記メソッドで身体全体で持ちあげる事ができるようになると考えます。
引用元⇒【ブカク考察046】「古武術的身体の使い方-2/重い物を効率よく持ち上げる」

膝抜き

ラクに1メートル移動するには

立っている場所から1メートル離れた場所まで
一歩で移動してみるというテスト。

2つの方法を試します。

普通にジャンプして移動

身体を前傾させていき(できるだけ踵をつけたまま)、
我慢できなくなったところで足を出す

距離は1メートルじゃなくてもいいですが、
同じだけ移動するのに前者はジャンプするので主に筋力を使いますが、

後者の場合重力を使うので
それほど力を入れなくてもラクにできるような気がします。

大切なのはこの時の「前傾姿勢」じゃなくて
膝の進展・屈曲です。

身体の移動のときに膝を伸ばす動作を使おうとすると
筋肉を使わざるを得ません。

一方で重力と膝を曲げる動作を使えば
筋力をあまり使わずに移動できます。

この時の膝が曲がる感覚が「膝抜き」。

膝を曲げれば推進力になる

重力を使って膝(足首も?)を
スムーズに曲げることが出来るだけで、
重力による推進力を得られることになります。
引用元⇒「膝抜き」ってこういうことだったのね;前傾姿勢の代わりにこっちでOK!?

重い荷物を楽に運ぶコツ

・腰を下げ、片方の膝をついてから荷物を持ち上げましょう。

脚の力を利用して、腰への負担を減らす。
ぎっくり腰や椎間板ヘルニアのリスクを抑えられます。

・腕や手先ではなく背中の力を使って持ちましょう。

・胸を少しくぼませ、
肩甲骨の位置を左右に広げた状態で荷物を持ちましょう。

・中指と薬指を少し曲げて持つのがコツです。

 2本の指を意識して持つと段ボールを運ぶとき
背中に張りを感じます。

その分、腕の負担も小さくなり、
疲れて手を持ち替えたりすることなく運べます。

・縛った雑誌も中指・薬指に引っかける要領で持つとずいぶん楽です。

・段ボールはカド付近を持つと滑りません。
その際、片手は手前の下側、
もう片手は奥の上側のカドに置くと荷物を揺らさず運べます。

・階段を上る時、
顔は正面を向いたまま少し体を横に向けて進むと、
進行方向が段ボールに遮られずに見られて安全です。
引用元⇒中指と薬指を少し曲げて 重い荷物、楽に運ぶコツ 脚や背中の力も使って

 

これだけで複数の器具分の体幹トレー二ング

https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2ZCVVR+CULUL6+40GK+609HT

大学と共同開発!振動エクサ

骨盤底筋エクササイズクッション 
振動に合わせて尿道筋周りエクササイズ
https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2ZLH4T+DQ5TNE+2TQS+44WQ42



お問い合わせはこちら
https://ws.formzu.net/fgen/S28502260/

メールが確認できれば48時間以内に返信いたします。
このやり取りをQ&Aコーナーで使わせてもらいますが
よろしいでしょうか?

毎回の仕事の内容を
インスタ記事にしてます。

◆インスタグラム記事◆

2018.7/30白金台どんぐり公園 近くのビルで
洗浄機引き取り作業。

配管をはずして、四本の足それぞれにロ-プを掛けて
四人がそれぞれのロ-プをもって
持ち上げて移動して階段を下ろしました。

2018.7/29大手町地下街 近くのビルで
移転作業。

事務室の空調の工事の邪魔になるものを、
元の場所のしるしを付けて、
別の部屋に移動しておいたのを、

しるしを付けた元の場所に戻して、
しるしをはがす作業でした。

2018.7/28豊島区高田 神田川 近くのビルで
精密機器搬入搬出作業。

四人がかりで階段上げて、開梱して、立てて、
エレベーターで四階に上げて、
台にセッティングして、

古いのを台を外して、
立ててエレベーターで下ろしました。

2018.7/27中原街道 旗の台 近くの小学校で
実験台搬出作業。

実際にやったのは、
実験室を工事やるので、
実験台七台を隣の教室に移動させる作業でした。

置く場所を広くするため椅子、机を重ねて、

実験台の下に出ている配管を折らないように高く持ち上げて
台車あっちとこっちにおいた上に乗せました。

それを広くした教室に
転がしてきて下ろしました。

2018.7/26六本木交差点 近くのビルで
工事後の清掃、片付け作業。

でも、実際にやったのは、
トラックをエレベーターの近くに着けて、
角材、ベニヤ板、木で作った枠、を
エレベーターの近くに下ろして、
エレベーターに入るものはエレベーターで、
長いのは階段で、曲がり角は立てて回して上げました。

最後に軽く掃除しました。

2018.7/25品川区立清水台小学校
で実験台搬出作業。

ぼちぼち仕事仲間が集まってきたところで、
会社から電話が来て、
この仕事キャンセルだって言われました。

やったのと同じに金は出るから、
始まる前に仕事終わったってことで、
超早い終了ってことです。

2018.7/24葛西臨海公園 駅そばの店で
     厨房機器搬出、トラックへの積み込み作業。

     連結されてる所をはずして
     持ち上げて段差を越えて台車に乗せて、
     を繰り返しました。

     厨房機器が油でベトベトで
     軍手も服もベトベトが付きました。

2018.7/22大塚駅 近くのビルに
オフィス家具、什器搬入作業。

エレベーターの中と入り口からエレベーターまでを養生して、
台車に積んで三階に運んで
開梱、組み立て、から箱を畳んで一つの箱にまとめて、
片付けたら、
養生をはがしてトラックに積み込んで終わり。

2018.7/21フジテレビ で夏祭りイベントの
養生、ボルダリング部材搬入作業。

荷物用エレベーターから出口まで養生シ-ト敷いて、
その上にベニヤ板並べて、

トラックからデカイ台車に部材積み上げて
長い通路を通ってエレベーターで下ろして、
イベント会場に運ぶのを繰り返しました。

2018.7/21大道芸 を
フジテレビと自由の女神のそばでやってました。

しゃべりも面白いし
バックで流れてくる音楽もいいタイミングだし
技もすばらしい。

風船で何か作るのから始まって、
高い一輪車に乗ったままピンを三本ホイホイやったり、
紙袋に入ったビンが一瞬で麦茶が入ったワイングラスになったり、
剣三本とリンゴをホイホイ投げながら
リンゴをがぶりを繰り返しやってました。

けっこう多くの人がお金渡してあげてました。

2018.7/20南荻窪 の工事現場で
キッチン部材搬入作業。

トラックから現場の空いてる所に
積み重ねて全部下ろして、
トラック行かせて、

二階へヒ-ヒ-言いながら上げました。

長くてデカイのは、ヒモで釣り上げました。

2018.7/19東京モノレール 流通センタ-第1展示場
展示会搬出作業。

籠台車に検品済みの箱を個数を確認して、
出来るだけ籠が一杯になるように
個数が合うのを選んで積み込みました。
出来た籠台車をどんどんトラックに積み込みました。

トラックも一杯になったら空のトラックと入れ替えて
何台も積み込みしました。

2018.7/18仙川駅 近くのマンションに
システムキッチン、パネル搬入、開梱作業。

でかくて重いシステムキッチンを
二人で狭い階段を立てて回して
一段上げてちょっとふって、また横にして
を繰り返して三階まで上げました。

でかいボ-ドを隣のマンションの廊下に運んで
こっちのマンションの廊下に渡して運びました。

はあはあゼイゼイ息も絶え絶えになりました。

2018.7/17羽田空港第1ターミナル の三階で
厨房機器入れ替え作業。

荷物用エレベーターから厨房まで養生シ-トを敷いて、
古いのを外して狭いところを持ち上げて
入れ替え作業しました。

2018.7/15田無駅 近くのビルで
什器搬入、開梱、設置作業。

組み立てるものが入っている箱を4階に上げて、
担当が組み立てやっている間に

椅子を箱から出して運んで、箱を潰して、
椅子を箱から出して運んで、箱を潰して、
を繰り返しました。

  

2018.7/13ビッグサイト東4ホ-ル
で業務用厨房機器搬出作業。

撤去作業でごった返してるイベント会場の
展示してある業務用厨房機器を

台の上から板と鉄板とその下に角材を敷いて
坂を作って台から下ろして、

車が付けているので転がして
トラックに積み込みました。

2018.7/12六本木ヒルズレジデンスモデルルームで
家具搬入作業。

     トラックから梱包された
     大きな箱、小さな箱、細長い箱、
     いろいろなものを台車に乗せて
     運んで行かせて、

     トラックが路上駐車なので
     駐禁対策でトラックにいました。

2018.7/11吉祥寺サンロードの近くの居酒屋で
厨房機器入れ替え作業。

古くなったのを外して四人がかりで階段上げて、
新しいのを四人がかりで階段下ろして
高さをそろえて設置しました。

2018.7/9六本木 天祖神社 の近くで
工事後の清掃、片付け作業。

でも、実際にやったのは、
トラックをバックでエレベーターの近くに付けて、
いろいろな機材を下ろして、トラック行かせて、

エレベーターに入るものはエレベーターで上げて、

長い足場板は階段で、角や壁に当てないように、
立てにしてゆっくり回ったりして上げました。

2018.7/7飯田橋の歩道橋
近くのマンションで荷運び作業。

1人がけソファーを修理するので
担当の人とどこをどう修理するのか
打ち合わせして台車で運びました。

2018.7/6東京大学生産技術研究所
で機械搬入作業。

大型トラックから車付きの精密機械を
段差を持ち上げたりしながら
荷物用エレベーターで上げて
所定の場所に設置しました。

2018.7/2フジテレビで
放送機器の搬入作業。

担当業者と同じ服装に服もズボンも着替えさせられて、
受付行って首からぶら下げるものもらって、

荷下ろしの場所まで行ったら、
ほとんど終わってました。
1台だけ下ろして終わりでした。

2018.7/1東宝スタジオの3スタジオで
什器運搬作業。

きのうビニールシ-トでくるんでおいた
発泡スチロールの砂浜と発泡スチロールのでかい岩を
大型トラックに積み込み。

でも前の現場の作業が終わらなくて
トラックなかなか来ませんでした。

引用元⇒インスタグラム

人に歴史あり。マイファミリーヒストリーはこちらを御覧ください。

プロフィール 宅急便時代

プロフィール 便利屋時代

プロフィール 自衛隊時代。

プロフィール 少年時代 

目標は「苦の場数」にしておく

生きてて毎日
嫌だなあ、避けたいなあ
ってことだらけですか?

だったら試してください。

1、今、嫌だなあ、避けたいなあ
と思っていることは何ですか?

2、そのことの場数を踏むことを目標にします。

1、が、ヘマやって恥かくこと
だったら
2、ヘマやって恥かくことの場数を踏むことを目標にします。

どんどん
次から次から
嫌だなあ、避けたいなあ
って思うことが出てきたら
それみんな
場数を踏む
っていう目標にしちゃいます。

数を目標にすると

嫌なこと、辛いことが
数の一つとして
抽象化して見れる。

嫌なこと、辛いことが
数の一つとして
大事なものになる。

嫌なこと、辛いことが
数を稼げるから
やれば
得したってことになる。

①目標は「苦の場数」にしておく。
②困ったなあ、嫌だなあ、辛いなあと思ったら、
「あ、これは「苦の場数」に入る」と
解釈する。理解する。認識する。悟る。

目標は「苦の場数」にしておく。
そうすると
苦手なこと、辛いこと、苦しいことに
出くわしたら、
「これも数のうちになる」
と考えられる。

暑くてたまらない。
「よし、一つチェック」

起きるの辛い。
「これも一つだ。チェック」

ということです。

場数を踏むにはコツがある

カバは何度も海に挑んで
イルカになった。

場数を目標にするんですが、
一つの行動を
最後までやり遂げて、
一つやった、チェック。

でもいいけど、

一つの行動のここまでやってみた。
きつかった、一つチェック。

でもいいです。

スクワット100回の
一回ごとに
チェック。

でもいい

ということです。

リアルの手帳にチェックでもいいし、
スマホのメモ帳でもいいし、
頭の中だけで

「はい、ひとつチェック」

でもいいです。

場数が目標だけど
1日何回を目標にする。
って決めなくてもいいし、

決めるとしたら、
スクワット100回の
一回ごとにチェックなら
いろんな場数の1日の目標は
1000でいいかもしれません。

スクワット100回やって
一回チェックでやっていくなら
いろんな場数の1日の目標は
10とか20とか
せいぜい100ぐらいに
しといたら
いいんじゃないでしょうか。

苦を遊び相手にする

まず
①苦の場数を踏むことを目標にする。

そんなのいやだよ!とか
なんでそんなの目標にすんの?とか
つべこべ言わずに目標にする。

②苦の場数を記録する。

やること、やったことを
何でこれが苦の場数のうちに入るのか
理由を書き出す。

苦の場数の理由づけを書き出しながらやっていく。

実際に紙やネットに書き出さないで
頭の中ですませても、それはそれでいい。

今がだめでも目標は数だから許せる。

苦を受け入れるには

①それを目標にし
②そうなることの価値をこじつける。
そうなることが大事で必要なことであることを
理解する。

①凍えることを目標にする。
②そうなると「褐色脂肪」を活性化させられる。

苦の場数を踏むことを目標にすることで、

ただ苦しむんじゃなくて、
達成感も付いてくる。

1、場数を目標にする。
2、今がだめでも許す。(目標は数だから許せる。)
3、苦しむことに理屈を付けて正当化する。

苦の場数が目標だから

「これも苦の場数に入れられないか」と考えるようになる。

苦の場数を増やすために面倒なこともやるようになる。

苦しむことに理屈をつけて正当化する。

「どれだけ苦しんだかが生きた価値だ。
のほほんと生きたって無意味で何の価値もない」

「自分との喧嘩の場数」という目標を持っておく。

数が目標だからやればいいだけ。


キチンと出来る必要ない。

むしろ、いっそのこと、
やってメッタメタになることを目標にする。

失敗の数を目標にしておく。

些細なことでもこじつけて数に入れて
自分の励みにする。

達成感が自信になる。
達成感が自信の正体。

数を目標にする。場数を目標にする。

自分との喧嘩の場数を目標にする

訓練、いじめ、拷問、労働、病気、怪我は、

自分との喧嘩として
自分との喧嘩の場数として
カウントしていく。

勝たなくていいから、
逃げていいから、
挫折していいから、

場数を目標にする。

①「自分との喧嘩の場数」という目標を持っておく。

②何でもかんでも、嫌だ、つらい、怖い、きつい、
苦しいと思ったり、感じたら

これも自分との喧嘩の場数になると
こじつけてカウントする。

苦の場数記録帳

①少しでも、これ苦しいかな、嫌かな
って思ったもの、感じたものを

②やったら、実践したら記録する。チェックする。

③今日はこれだけ苦しみと向き合ったと確認する。振り返る。

いじめにあったらチェック。
セクハラにあったらチェック。
喧嘩になったらチェック。

ナンパして無視されたらチェック。
体が異常になったらチェック。
息苦しくなったらチェック。
運動がつらかったらチェック。

そのうち慣れてきて
苦しいと感じるものが無くなって来て
チェック出来なくて

寂しいとか、物足りないとか
なったりするかも。

チェックの仕方もいろいろ工夫してみる。

1時間に何個やった。1日何個やった。
一週間に何個やった。一ヶ月に何個やった。

1時間に10個やると決めて実際にやれた数を記録する。

チェックの形式もいろいろ工夫してみる。

正正正とか、チョンチョンとか、、
黒く塗りつぶしていくとか、
黒丸黒丸黒丸とか、

グラフとか、

やったことを書き留めていくとか、

苦しかったり、つらかったら

「よしやった。
これで一つチェックだ」
と考える。

ランク付けして
これやったら10ポイントとか
起きるのきついから10ポイント。
ナンパ20ポイント。
慣れてきたから5ポイント。
(悪用禁止。自殺100ポイントとか)

チェックしてそれを
集計、比較してみる。

1日の集計、昨日との比較。
1週間の集計、先週との比較。
一ヶ月の集計、先月との比較。

チェックの仕方を工夫して
面白くすると
チェックしたくて
行動するようになってしまう。

嫌かな、つらいかな
と思ったら
これはポイント20くらいかな
と考える。

やろうと思って
出来なかったことであっても
ポイント1にする。

挑戦しようとして
挑戦出来なかった
そのことを評価する。

①苦の場数を記録する。

②苦を受け入れる方向の目標設定をする。

「堕ちるところまで堕ちきる」

「死ぬまでやる」

「くたばったらやめる」

「最悪の事態を実現する」

「嫌われ者、憎まれものになる」

「拷問、虐待の末、殺される」

「100回やる」

「100回挑戦」

こちらからメルマガに入れます。
https://canyon-ex.jp/fx19669/sSLEIx

こちらからもお届けしてます。
友だち追加

アンテナサイト

アンテナサイト

アンテナサイト

youtube
竜馬と空海にはつながりがあった。


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

動画

まとめサイト




検索

コメントを残す

*