カテゴリー
キーワード設定 ルーチンワーク

🅾ルーチンワーク。その3. キーワード設定。

⇒🅾アダルトグッズ、アダルト関連。ジャンル別一覧。

⇒🅾セックス、性欲、ムラムラ対策。

⇒✅絶体絶命からの対策・解決策一覧。

           

 

           

 

 

           

 

✅ルーチンワーク。その3. キーワード設定。

クリックで各見出しに飛びます。右下のマルをクリックすると 戻って来ます。

           

 

✅ルーチンワーク。

🅾その1. 商品選択。
⇒🅾アダルトのASP一覧。ショッピングサイト。アフィリエイトURL。
⇒アダルトのASP一覧。ショッピングサイト。アフィリエイトURL(テキスト)。

⇒🅾その2. ペルソナ設定。
⇒🅾その2. ペルソナ設定(テキスト)。

↓↓🅾その3. キーワード設定。
⇒🅾その3. キーワード設定(テキスト)。

⇒🅾ルーチンワーク。その4. 記事作成。
⇒🅾ルーチンワーク。その4. 記事作成(テキスト)。

⇒🅾ルーチンワーク。その5. メルマガ。
⇒🅾ルーチンワーク。その5. メルマガ(テキスト)。

⇒🅾ツール。
⇒🅾ツール(テキスト)。

⇒🅾アダルトの検索した参考記事。
⇒アダルトの検索した参考記事(テキスト)。

⇒✅アフィリエイトの教材になる記事一覧。
⇒✅アフィリエイトの教材になる記事一覧(テキスト)。

           

 

           

 

           

 
人間の欲求は多種多様です。

アスリートやトレーナーさんの鍛え上げられた美しい筋肉が見たいというのは、わざわざ言葉に出さないだけで多くの人が抱える欲求です。

⇒誰かの欲求を満たさない限り、アフィリだろうが何であろうがお金は頂けない。

           

 

           

 

           

 

🅾その3. キーワード設定。

           

基本的にブログの記事は5記事。
ブログの 記事 内 に3つ以上は 狙ったキーワードを含めるようになります。

           

 

商品の特徴や性質を知る事により、
自由にキーワードを発想させる事ができます。

           

「キャシーズチョイス」と商品名だけで、まずは検索をかけます。
約 52,600 件という非常に少ない検索件数です。

次に「キャシーズチョイス 購入」という
キーワードで検索してみましょう。
すると、約 28,800 件しかありません。

簡単なキーワードで検索をかけ、
ライバルの少ないかどうか、
「商品名+購入」「商品名+口コミ」という感じで調べます。

           

 

お客さんの視点で考えると、
商品名を検索バーに記入するということは
その商品を知っていて、興味をもっている可能性が高いと考えられます。

「キャシーズチョイス 購入」
というキーワードが示すことは
キャシーズチョイスを購入する場所を探している。
キャシーズチョイスを購入したいと考えているなど
いずれにしても状況は、 購入意欲が高そうだなと想像できます。

「商品名+購入」
「商品名+口コミ」
など購入を考えていそうな商品名を含む「商品名キーワード」で
最初2記事ほど作成してしまいます。

           

 

「キャシーズチョイス」と商品名だけで検索すると
一番下に虫眼鏡キーワードと呼ばれる、キーワードがあります。

ヤフーの虫眼鏡キーワードの
「梨花 キャシーズチョイス」は 7620 件。

ヤフーの虫眼鏡キーワードの
「キャシーズチョイス お試し」は 20500 件

「キャシーズチョイス 効果」では約 28,500 件

「キャシーズチョイス ニキビ跡」約 7070 件

と少ない件数のものを抜粋して、優先的に記事を作成していきます。

           

 

■ライバルの少ないキーワードの見つけ方その1

◆商品の特徴を知る。

商品そのものの本質を知る。
これにつきます。
商品の特徴や性質を知る事により、
自由にキーワードを発想させる事ができます。

ちょっとした連想ゲームと捉えると楽しいかもしれません。

           

 

◆売る商品の成分にフォーカスする。

そのために、レターなどをしっかりと読む事をオススメします。

すっぽん小町のレターを読んでみると、
通常のすっぽんとは違う、
佐賀の高級食材である「はがくれすっぽん」という
すっぽんのエキスをまるごと使っていると書かれていたのです。

「はがくれすっぽん」で調べてみると、
なんと、約 20,700 件とグッとライバルが少なくなったのです。

商品名である「すっぽん小町」とあわせて検索すると、
「すっぽん小町 はがくれすっぽん」
はなんと、約 15,100 件になったのです。

           

 

はがくれすっぽんについて調べ、
はがくれすっぽんについての知識を少し書いてあげて、
その流れで最後に「すっぽん小町」をオススメする記事をかいたら、
その記事を見たお客さんは、
はがくれすっぽんの情報が少し知れて満足すれば、
すっぽん小町のレターに再度飛んで購入してくれる
可能性は十分に考えられます。

           

 

◆よくある質問を利用して
ライバルの少ないキーワードを見つける。

「べジライフ酵素」単体でのキーワードを検索すると
約 363,000 件とライバルが多いです。

「妊娠中・授乳中でも利用できますか?」
という質問があります。

「べジライフ酵素 妊娠中」で検索をかけると・・。
約 23,400 件しかありません。

「べジライフ酵素 妊娠中」でのキーワードに対して
どんな記事を書いたらいいかというと、

           

 

検索してきた方の心情を考えると、
もちろん現在進行形で妊娠中の方もいらっしゃいますが、
今後妊娠予定の方とかもいらっしゃる可能性も十分ありますよね。

例えば、
「結婚式前にダイエットしておきたいけど、
結婚後は赤ちゃんも産みたいしな。

そういえばべジライフ酵素って妊娠予定前や
妊娠中でも飲んでていいのかな?」
と考えていることが想像できます。

そこで、べジライフ酵素の「よくある質問」であったことを
リライトしてその疑問について答える文を書きます。
そこで疑問に答えて、文をかけば、
お客さんも購入してくれる場合もあるでしょう。

           

 

◆関連キーワードを抽出できるツールで
ライバルのいないキーワードを見つける。

「ニキビ 治し方 おでこ」
誰でも思いつきそうだから、一見ライバルは多そうですよね。
しかも検索件数も一定的に需要がありそうなキーワードですが、
グーグルで検索するとその検索数はこれくらい。
70700 件。ライバルが少なかったのです。

           

 

◆レターを読み込んで、商品の特性を知る。

「雲のやすらぎ」のレターを見ていると、
寝心地の良い布団という強みの他にも

ダニ対策にも力を入れている布団だという
ポイントが書かれている事に気づきました。

「雲のやすらぎ」を紹介するブログの中に、
「ダニ 市販薬 痒み止め」という記事を追加してみました。

           

 

◆そのジャンルの書籍からキーワードを抜き出す。

雑誌などには、今打ち出している美容商品や、育毛関連、
男性雑誌にも男性特有の悩みを解決する商品など
多数掲載されていると思います。
また通販番組などを参考にするのも良いです。

           

 

◆店舗名や地名などの複合キーワード。

ライバルの少ないキーワード選定方法で、
プログラムによっては、
お店に来店することで成果があがるものもあります。

「シースリー」という
脱毛店の名前だと 664000 件あります。
– –
「脱毛 シースリー」にしたところでまだ約 281,000 件はあります。

北海道の店舗だと
「シースリー札幌大通店」をキーワードにすると 3980 件しかありません。

           

 

◆商品名ではなく会社名でも調べる。

「ふるさと青汁」を調べてみると、
「マイケア」という会社が販売しているので、
「マイケア」で調べてみると、
このマニュアルを書いている現在は、約 164,000 件

、関連キーワードで、
「マイケア 青汁」があり、約 64,200 件とだいぶライバルが減りました。

「マイケア 青汁 口コミ」というキーワードが
あったので、調べてみると、
約 24,800 件とまだ一段とグッとライバルが減りました。

           

 

◆キーワードと購入にいたるまでの距離感の認識。

「商品名+購入」というキーワードは、
購入にいたるまでの距離間がかなり短いと考えられます。

「ニキビ+化粧水」となれば、
さきほどのキーワードよりも購入までの距離が遠くなります。
なぜなら、ニキビに効く化粧水を探しているけど、
どれを買うかは決めていない状態。
買うか買わないかも決めていない状態だからです。

           

 

、商品名+購入のキーワードの記事には、
こんなメリットがあります。
・あんまり文章に力をいれなくても、
 アクセスさえくれば売れることが多い
・商品名+購入で売れる商品は、
 他のキーワードでも売れやすいことが多い。
 (レターがしっかりしている、または魅力的な可能性が高い)
・量産しやすく、文章の内容も書きやすい。
・商品の元々もっている力を図ることができる。

           

 

           

 
最初は3記事ほどはこの距離間の短いキーワード
商品名を含む「商品名キーワード」で書きます。

例えば
商品名+購入
商品名+口コミ
商品名+効果  など。

このような購入意欲が高いキーワードで記事を作成し、
あとの2記事は、転換キーワードでの記事作成という方法。
基本的に作成する記事は1ブログに5記事です。

購入意欲の高い商品名キーワードで
5 記事とも書いてしまってもかまいません。

その場合の例として、
商品名+購入
商品名+口コミ
商品名+効果
商品名+@コスメ
商品名+評判
などという形です。

もちろん商品名であっても一応検索をかけ、
⇒10万件以下のものを狙ってください。

           

           

マイナスキーワード。

           

ライバルのいないキーワードの一つとして、
マイナスキーワードが穴場。

           

例えばこんなキーワードのことをいいます。
「ニキビ マスク 隠す 悪化」
「ニキビ跡クレーター芸能人」
このように悪いイメージのキーワードを組み合わせたものを
マイナスキーワードといいます。

           

「ニキビ マスク 隠す 悪化」
マイナスキーワードで検索してきた人の心情としては、
「ニキビを治して綺麗な肌になりたいけどなれない?
 いつもニキビをマスクで隠してるけどそれで悪化してるのかな?」
「ニキビを治していきたいけど、マスクをして悪化してきた気がする
他にもそういう人いるかな?」
などの心情が伺え、肌を改善することについて非常に関心があり、
緊急性を要するものも含まれることも予想できます。
「ニキビ跡クレーター芸能人」33,300 件。
「ニキビ マスク 隠す 悪化」69,300 件。
「ニキビ コンシーラー 隠す 悪化」29,200 件。

           

マイナスキーワードで検索してくる人の多くは、
非常に強い悩みを持っています。
トライアルセットや、
無料配布のサンプルなどのアフィリエイト案件を紹介できれば、
通常のキーワードに比べ、高い確立で売れやすくなります。

           

マイナスキーワードは、
検索されてくる方々のほとんどが、
「今おかれている状況を脱出したい」
「悩みを早急に解決したい」
と考えていらっしゃる方が多いです。

           

しかも、さきほどの「ニキビ マスク 隠す 悪化」
を例とすれば、肌が荒れていて、なおかつ、
それを隠すことで、より悪くなるという悪循環に陥っているため、
早く解決したい心情=緊急性がある状態が予測できますので
売れやすくなります。

           

人は緊急性を要すると購入する意欲がいつもより高くなり、
判断基準も緩くなる。

           

「商材についてる「特典」が消滅します」
「この特典とは限定5名さまのみお付けしています。残り1名様。」
「この商品が特別価格980円で購入できるのは
今から 3 日間の間のみです。」
などは緊急性を出し、
見込み客に購入意欲をわかせ、決断を早くさせる効果があります。

           

逆に人は緊急性がないと行動しないとも考えられます。
「いつでも売ってるんだから、今回はやめておこう」
「また買ったらいいや」
などの思考はその代表例ですね。

           

人は損したくないという意識が高いということであり、
扱おうとしている商品が
期間限定のものがついていたりすれば
記事内にそれを書いておく事をオススメします。

           

緊急性というのは、期間限定のものだけでなく、
「早く解決したい」という心情にもあります。
「症状が、より悪化する前に、
一度興味があれば試してみてください。」
という1文だけでも緊急性に対するアプローチはできていますよね。

           

緊急性の提示ができそうな場合は利用する。
これはアフィリエイトでは欠かせない要素です。

           

           

◆マイナスキーワードの使い方。

「商品名キーワードのマイナスキーワード」について、
どんなふうに攻めていくか。

「ポリピュア EX 効果なし」というマイナスキーワードでどう記事を書くか。

「ポリピュア ex が効果なし」と口コミ評価をした方が
何人いるのか某大手口コミサイトで書かれていたものを
独自で調べて計算してみることにしました。
ちなみにポリピュア ex の本体の外観は
左の画像みたいなのです。
◆ポリピュア ex を購入した方の口コミ評価
評価1  19件
評価2  28件
評価3 316件
評価4 551件
評価5 404件
1318件
悪い評価、「評価1」「評価2」とした人は全部で47件。
全体の口コミの合計数1318で割ってみると、
効果なしと判断した人の数は約3.5人の割合になります。
この結果から、逆算すれば100人中96人以上の方が
効果を実感し、薄毛が気にならなくなった
という口コミ評価をしているという事になります。
この結果を多いと感じられるか少ないと感じられるかは
個々によってさまざまだと思うのですが、
私個人の考えでは効果を感じられている割合が
多いのかなと感じました。

もちろん、各家庭環境や生活環境などにより
ストレスのかかる度合いや食生活も違うので
皆が皆効果があるとも言い切れないし、
効果なしとも言い切れないとも思います。
合う合わないというのがあるので、
どちらにしても自分自身で試してみないと
効果を実感できるかどうかはっきりとはわかりません。
試してみたいという方は
ポリピュアには効果がないと商品代金を
返金してくれる全額返金保証が付いている
サイトで購入して試されることをお勧めします。
もし効果なしとなった時に
返金保証のないサイトから購入してしまうと痛手だと思うので。

私が購入したサイトは公式サイトで
全額返金保証が付いていました。
(アフィリエイトリンク 公式サイトへ誘導)
(上記で書いている口コミの内容は、
この時は楽天市場での口コミのデータを見て、書きました)

マイナスキーワードであっても
マイナスを払拭し、商品を最終的にオススメする文章にする。

新しい商品を購入する際は、
お客さんの心境としては、不安がある方が多いと思うので、
購入を決定する前に、
マイナスな評価がないか調べる人も多いです。

マイナスな点さえ、
払拭できれば、購入する気持ちが強いという事です。
その属性に向けて、不安を払拭させてあげる記事を書く事ができれば、
結構、すんなりと売れていく事が多いです。

◆他のマイナスキーワードの見つけ方

購入意欲の高いマイナスキーワードを見つける方法があります。
それは、成分の比較です。

育毛剤を例に説明すると、
育毛剤といえば、「ミノキシジル」や「プロペシア」といった
発毛を促進させる成分が含まれているものが多いです。

しかし、調べてみると、この「ミノキシジル」や「プロペシア」は、
副作用が沢山報告されており、使いすぎは危険だといわれております。
たとえば「ミノキシジル」は具体的にどのような副作用があるかというと、
低血圧、多毛症、ニキビ肌荒れの増加、ED などの性的不能、性欲減退、
などの副作用があると報告されています。
上記にあげたような副作用は、発症してしまう確率が高いものの一部であり、
中には循環器の異常で死亡してしまった症例も 3 件ほどあるようです。
「ミノキシジル」に副作用があることは、
真剣に薄毛に悩んでいる育毛剤を検討としているユーザーなら、
いずれは知ることになるでしょう。

そこで検索するであろうキーワードを狙っていきます。
ターゲットとしては、
「副作用のあるミノキシジルを使っていない育毛剤がほしい」
もしくは
「副作用がある育毛剤を使っているが、
 副作用のない育毛剤に買い変えたい!」
と思っている人に向けて販売するというイメージですね。
そうすると、あがってくるキーワードというのは、
「ミノキシジル+副作用」
「ミノキシジル+副作用+症状」
「ミノキシジルを使わない育毛剤」などのマイナスキーワードたちです。

「ミノキシジル 副作用 むくみ」では 52100 件。
「ミノキシジル 副作用 下痢」では 59800 件。
「ミノキシジル 副作用 子作り」では 15800 件。

副作用があることは確かな事なので、
副作用がない育毛剤で、育毛をしたいと考える薄毛に悩む人は
このキーワードを検索してきたときに、
副作用についてのデメリット+副作用のない育毛剤の紹介
を魅力的に書ければ、売れる可能性は十分あると考えられます。

育毛剤は、薄毛に悩んでいる本人のみがターゲットではありません。
最後のキーワードに、
「ミノキシジル 副作用 子作り」というものがありました。
また、このように育毛成分を検索している流れで、
ミノキシジル以外にも「プロペシア」という育毛成分もあり、
それも副作用として、
子作りに悪い影響を及ぼす可能性がある事を知りました。
こういうキーワードの場合、
薄毛に悩んでいる本人が検索している場合もありますが、
「薄毛に悩んでいる人の妻、または家族」
が検索している場合もあります。
こういう場合、ターゲットは、薄毛に悩んでいる本人のみではなく、
薄毛に悩む夫をもつ妻に対しての文章をブログで書くことができます。

「28歳の夫が最近、薄毛を気にし始めて、
育毛剤を使っているんだけど、育毛剤の成分の中の
「ミノキシジル」とか「プロペシア」とかいう成分に副作用があるらしく、
その副作用の1つとして、子作りに悪い影響があるかもしれないと
書いていました。
まだ子供もいなくて、これから欲しいと考えているので、
「ミノキシジル」とか「プロペシア」のような副作用のある
育毛成分が入っていない、副作用のない育毛剤を購入して、
プレゼントしてみました。
夫も、副作用のない成分の育毛剤を使ってみて、
喜んでいるみたいでした。
その育毛剤はコチラです
→ (アフィリエイトリンク)」

家族や大切な人に対して、何かを購入する時は
本人よりも購入する意欲が高く見られることがあります。

悩んでいる本人への文章ではなく、
悩みを持つ、家族を持った人への、文章なら、
ライバルとの文章の差別化も図ることも可能ですね。
同じような悩みをもつ夫を持っている妻の視点で
育毛剤を薦めたりすれば、一風変わった記事になり、
⇒成約する確立は高くなる可能性もあるでしょう。

           

           

           

           

⇒✅人類への贈与。

           

           

✅人間にもともと備わっているある機能を利用すれば
飄々と困難や苦手な相手でもあっさり向かっていけるようになります。

・異性とのコミュニケーション、
・困難に思える事業、
・生きるか死ぬかの状況。

⇒何でも来いってなります。

           

✅地球上には自殺したいほど苦しい状況 が溢れています。

⇒🅾状況を変えられないのなら適応しちゃえばいい。

           

           

以上
🅾ルーチンワーク。その3. キーワード設定。

           

           

           

運営者情報。 独自サイトマップ

           

           

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。